メークロン市場(タイ弾丸女子旅 day2-②)

ツイッター始めました(´_ゝ`)

フォローする


人気ブログランキング

メークロン市場 《Mae Klong Market》

こんにちは、モックです。
前回記事ではアムパワー水上マーケットからソンテオメークロン市場までやってきました。
※旅全体の要点・あらましはコチラ⇒http://moc-tabi.com/post-10/

メークロン市場はメークロン駅のすぐ近くにある、線路沿いの市場です。この市場はなんと折り畳み式の市場で、どういうことかと言うと、電車が通る直前になるとその都度急いで線路上にはみ出した屋根や品物を片付け始めるという、何とも変わった市場ですなんでわざわざそんなところで。。と疑問ではありますが、こういう訳分からんものって最高です!(笑)
ソンテオを降りてから、折り畳み式の市場までにもたくさんの出店があります。
近くにはお寺もあり、人もたくさん。


お坊さんとお参りで使うお花↑

↑お参りした人は金箔を張り付けていくらしい。金箔がヒラヒラしてる。


↑この踏切が見えたらもうすぐそこ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索

メークロン駅に到着

とりあえず駅構内で休憩
ご存じの通り、タイは基本的に暑いです。立ってるだけで汗が出てくる。。あ~美味しいジュースが飲みたいなあ~。。ってなります!そんな絶妙なタイミングで現れるフルーツジュース屋さんがこれだあー!!

テンションがおかしいです。
私が頼んだのはバナナジュース。いっぱい入ってて25bt(約75円)。美味しかった~♡
友達が頼んだスイカジュース20bt(売り子のお姉ちゃんオススメの一品)も美味しかったですよ♡
さて、潤ったところで、いざメークロン市場へ!と言っても市場は駅の道路を挟んですぐそこ
お待ちかね、市場の様子はこんな感じ

うへへ~♡ってなりますね。市場大好きなんです私
本当に線路のぎりぎりまで品物が並んでるし、線路の真上に屋根が張り出してる。
線路は単線、とっても狭い。観光客や買い物客でいっぱいです。
ここで肝心な情報を!
この市場のメインは電車が通る直前から電車が通り過ぎるまで。

電車の時刻表

《メークロン駅着》8:30、11:10、14:30、17:40
《メークロン駅発》6:20、  9:00、11:30、15:30

この時刻に合わせて行動します。

私たちの場合、
10:40 駅到着、休憩、市場ブラブラ
11:10 電車が通るのを市場で見る
11:30 折り返しの電車に乗車、バーンレーム駅へ
こんなかんじ。
ちなみに、私たちはせっかくだから電車に乗ろうということで、折り返しの電車に乗車しましたが、電車でバンコクに行く場合バーンレーム駅で電車を乗り継が無ければなりません。バンコクまでの所要時間は乗り換えも含め、2時間40分から3時間くらい
来る時電車で来た方や時間を節約したい方はバンコクまで所要時間1時間のロットゥーというミニバスもあるのでチェックして下さい。

と、そうこうしてる間に放送が流れます!電車が通るよって合図ですね!
すると市場はガチャガチャ片付けが始まり、観光客やお客さんたちもそわそわ(笑)

線路脇の少し空いているスペースに立っていると近くのお店のお姉さんに怒られた。と思ったけれど、どうやら体と荷物を引っ込めて!と教えてくれていたようです。なんせ全部タイ語だからなんて言ってるか分からないんですけどね(笑)でも仕草がそんな感じで、私が電車を避ける仕草をしたらOK!と笑顔で言ってくれました(^^)
そしておまたせしました、これが電車がくるシーン!
でも、これから行く方は出来ればあんまり見ないで下さい!やっぱり自分の目で見るのが最高です~♡


来た来た!!屋根折りたたまれてます!意外とゆ~くり来ます

来た来た!!!!

キャーーーー!!!!スレスレ!!(゚Д゚)ノ
窓からお客さんが手を振ってたり~こんな経験なかなかできないです!

私こんなブログ書いてて変なんですけど、行く前にあまり写真を見たり調べものをしすぎないようにしてるんです(笑)だって映像や写真見ちゃうと、本物を見た時の感動が絶対薄れる!そして感想は、おー本物だ~、テレビで観たやつだ~、意外と普通~、思ったよりキレイ!とかとかとか(笑)まっさらな目で見れないですよね(;^ω^)でももちろん正解はありません。まあ旅の仕方や考え方も十人十色ですね~。このブログも全部読んでほしいなんて思っていなくて、皆さんの必要なところだけ参考にしてそれぞれの旅を楽しもうぜ!ってことです(^^)
と、話は逸れましたが、電車が通りすぎたそばからどんどん市場は元通り!!

でも20分後にはまた折り返しの電車が通るんですが。。
続く

海外ランキング

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索