ツリーハウスinキャメロン・ハイランド(マレーシアの旅 day8)

ツイッター始めました(´_ゝ`)

フォローする


人気ブログランキング

※記事作成の都合上写真が後半に集中してますが、悪しからず。。

こんにちは、モックです。
前日は世界遺産であるマラッカに行ってきました!初めてクアラルンプール近辺から出た!
いや~大人になると、自分の成長ってなかなか分かりにくかったりするけれど、この旅では、1日を過ごすごとに出来ることや知識が増えていくのが自分ではっきりと分かります。この頃にはシシさんたちも、私が出かけているときに「モックは英語上手になってきたね~」なんて噂してくれたりなんかして(〃ノωノ)(キイちゃんママが教えてくれた♡)
本来は日常の中でも昨日は出来なかった(出来るか分からなかった)ことが出来たっていうことは立派な成長・進歩なんでしょうけれど、どうしても今日出来たことにはろくに見向きもせず、今出来ない(出来るか分からない)事に注目してしまうんですよね。それって、向上心とかって言うのかもしれないけど、でも出来たことにもちゃんと目を向けて、この旅のようにシンプルにそれを喜びたいなって思います(^^)

ってことで、8日目からは一旦シシさんたちにバイバイして、KLの宿を離れ北に向かいます!
友人(私をマレーシアに遊びにおいでって誘ってくれた人)と合流して、まず向かうはキャメロン・ハイランド《Cameron Highlands》
さて、その目的は・・・

 ツリーハウスに泊まる!!

なんて魅力的な響き!!!!!
でもね~日本の最近流行りのオシャレ~なやつとはひと味違って結構ワイルドなやつ!ほんと最高でした!自然好きな方には心からおすすめです!♡

ツリーハウスの名前はTerra’s Tree House

agodaからも予約できるようです。

まあ、詳しくはあとで述べるとして、とりあえず

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索

クアラルンプール⇒キャメロン・ハイランドの行き方

キャメロン・ハイランド《Cameron Highlands》はマレーシア半島の中部に位置する高原地帯。高原なので涼しく、リゾート地として人気。ガイドブックを見ても結構お高めのリゾートホテルなんかも多く載ってます。

◎アクセス方法はバス
TBS(Terminal Bersepadu Selatan)バスステーション発、タナ・ラタ(Tanah Rata)行きの高速バスです。
※TBS(Terminal Bersepadu Selatan)バスステーション…前回記事で既出。KTMコミューターバンダル・タシク・スラタン駅《Bandar Tasik Selatan》に直結している。
タナ・ラタ…キャメロン・ハイランドの中心地

◎所要時間…約4時間

◎チケット…35RM(約1000円)前後 ネットで予約可能

タナ・ラタ⇒ツリーハウススタッフさんとの待ち合わせ場所

タナ・ラタのバスステーションに到着した私たち。タナ・ラタはお店やホテルも沢山ある賑わった場所ですが、ツリーハウスがあるのは山の中。
ツリーハウスまでは距離があるのでタナ・ラタのバスステーションからスタッフの方が迎えに来てくれるスポットまでタクシーで向かい、そこからスタッフさんの運転でオフロードを進みます!以下HPより引用

WHERE IS OUR MEET UP POINT? IS THERE A PLACE TO PARK OUR VEHICLE? 我们的集合地点在哪里?那里有没有泊车位呢?

Important note: Traffic is usually heavy at Cameron Highlands over the weekend and public/school holiday, you are advised to travel early and try to reach Cameron Highlands earlier.
重要提示周末及公共假期/学校假期乃金马仑堵车高峰期。请提早到达金马仑。
  • Entrance of Jalan Sungai Mensun(A Junction beside Time Tunnel Museum,Brinchang)
    Direction 方向:
    If you come from T​apah­/Tanah Rata/Brinchang direction,​you will pass Brinchang town,after 1KM from Brinchang town you will see TIME TUNNEL MUSEUM on your right.Please pass through the Time Tunnel Museum and turn right into Jalan Sungai Mensun.

引用元:Terra Farm

正直キャメロン・ハイランドは予約等、英語が話せる友人に任せっきりだったし待ち合わせ場所までの道のりも覚えてない(‘ω’)のですが、HPによれば待ち合わせ場所はこのあたり↓


しかし!!これまた注意点なんですが、タナ・ラタのバスステーション周辺は渋滞がひどいです。上記の引用にも書いてありますね。私たちが行ったのは月曜日でしたが、タクシーがなかなかつかまらない!ってゆうか、正確にいうと、タクシーをつかまえて行先を告げると、「そっちの方面は混むから行きたくない」と断られる(*_*;
なんとか説得してつかまえられたものの、お陰で待ち合わせの時間に遅れてしまいました。。正直、そんなとき先方と連絡を取るのは電話が多いし、英語力とケータイ電話が必須だと思いました。まあ、無けりゃ無いでなんとかするしかないんですけどね。。予約の際も詳細はメールでやり取りするみたいですし、英語苦手な方、電子辞書やスマホの翻訳片手に奮闘して下さい!笑(実際私も一人旅の時はいつもそう。笑)

と、まぁなんとか友人の頑張りのお陰でツリーハウスのスタッフの方と合流!(^ω^)
いよいよツリーハウスが近づいてきたーーー!!

ツリーハウス到着!

さて!それではスタッフさんの四駆の車に乗り込み、いざ!ツリーハウスへ!!
道のりは本当のオフロード!狭くてすんごいデコボコ。でっかい水たまりもバインバイン進みます!

手ぶれでまともに写ってる写真無し!(笑)

約30分の道のりで到着したのがここ!

真ん中あたりに写ってる木の扉が入口です。


ワクワクするぜーい!!
ここから15分程登ります。この道めっちゃ疲れた。。。

そしてハアハアしながら到着したのがこちら


ここはメインホール。ご飯を食べるところです。奥にキッチンもあります。
ちなみにネット使えません!

そしていよいよ、私たちが今晩泊まる家、それがこちら!!

写真分かりずら!(笑)ジャングルで木に囲まれてるから家の全体を撮るのが難しいんですよ~いやホントに


一番手前がシャワーとトイレ。その隣に立っているのが友人。一番奥が寝室。こうやってみると結構床の高さがあるのが分かるでしょうか?

トイレから寝室を見る

寝室から下におりる階段

ベランダ(?)。この壁のひだり側が寝室

どうですか?想像のツリーハウスと違いません?(笑)床とかスカスカですからね!
何の情報も無く、想像オンリーで行った私はそれはそれはうっとりしましたのは言うまでもありません!!!!(´▽`*)

そうこうしている間に夕食の時間。先ほどのメインホールに向かいます。ちなみに6つあるツリーハウスのうち私たちの家は一番上まで上ったところのやつ。メインホールまでの道のりも結構険しいです。いちいちハアハアする(´Д⊂

そして夕食はこれ!

ここの食事は大部分がオーガニックフードなんだとか。そしてベジタリアンフード。美味でした~♡

食事の後は仲良くなったマレーシア人ファミリーの子供たちとゲーム。オセロみたいなかんじなんだけど、でも私最後までルール分からんかった(笑)でもとりあえず負けてるのだけは分かった(笑)

気付けば外は真っ暗

ファミリーにお休みの挨拶をして私たちの家に戻る。道中、明かりがほとんど無いのでライトが無いと全く何も見えないレベル。ちなみに家の電気が使えるのは22:00まで

シャワーはありますが、チョロチョロしか出ないので(笑)体をさっと流すくらいでしょうか。
寝室には蚊帳(かや)がとりつけてあるのでその中で眠ります。私、これが人生初、蚊帳!
気温は高原だけあって寒いくらい!でもめっちゃ気持ちいい!!!
真っ暗なジャングルの真ん中、どんな動物かも分からない不思議な野生動物の鳴き声や虫の声。静かすぎてそれしか聞こえないんだけど、そこに集中しちゃうからそれが意外と騒がしい(笑)幸せな体験です。こうして夜が更けてゆくのでした~

Terra’s Guest House 情報まとめ

ご覧の通りちょっと変わった宿なので大雑把に情報をまとめておきます。
内容が変更になったりすることもあるので、HPで確認or必ず予約時先方に確認して下さいね。

◎待ち合わせ場所にてスタッフの方と合流、スタッフさんの車で宿に向かう。
◎待ち合わせ時間→14:30
◎インターネットの接続は出来ない
◎電気が使える時間→6:30~22:00
◎飲用水あり
◎トイレットペーパーあり
◎持ち物→歩きやすい靴、ライト、タオル、石鹸等化粧品(微生物が分解できる物を推奨)、長袖や上着、雨具

次回はキャメロン・ハイランド2日目です。お楽しみに~!

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました♡ ―モック―


海外ランキング

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索