Road Trip初日はサルベーションマウンテン!!!(アメリカ37日間の旅 day11-②)

ツイッター始めました(´_ゝ`)

フォローする

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

こんにちは、モックです!
前回はロードトリップの始まりとしてルートやレンタカー、旅の進め方なんかを紹介しました。そして、今回からはいよいよ旅の記録!
記念すべき最初の目的地はサルベーションマウンテン《Salvation Mountain》

Salvation Mountainは愛でいっぱい

サルベーションマウンテンってそもそも何ぞや?って?
Salvation Mountain…直訳は「救済の山」
簡単に説明すると、今は亡きレオナード・ナイトさんというおじいちゃんが2014年、83歳で亡くなるまでの30年をかけて作り上げた山。サルベーションマウンテンがあるのはロサンゼルスダウンタウンから車で3時間30程、188マイル(約302キロ)の砂漠の真ん中テーマは神様と愛。宗教的な意味が込められた山なのです。公共交通機関は通っておらず行きにくい場所。にも関わらず、世界中から観光客が訪れる。ロサンゼルスやラスベガスからツアーが出てます。PVや雑誌の撮影にもよく使われてるんだとか。
作者のレオナードさん↓

photo credit: “Caveman Chuck” Coker Leonard Knight via photopin (license)

そんなサルベーションマウンテンを私たちも自分たちの目で見てみたい!!!!!
ってことで、最初の目的地に設定したのでした~

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索

☆レンタカーを借りて、いざ出発!!

前回も書きましたが、今回私たちはダラーレンタカーという会社の車をレンタル。
朝、バスでロサンゼルスの営業所に行き車を借りたんですが…

とりあえず、車のグレードをこの中から選べと言われてチョイス。
その他サインとかはしたけど、全部英語の書類なのであんまり目は通さず。会話としてはとくに難しいことは言ってなかったので、聞き漏れたことって無かったと思う。
そもそも車のグレードなんかも含めて、すべて日本で日本の営業所と契約していたので借りる手続きだけだと思って安心してました。

がしかーーし!!!!
前回も書いたけど、これがひどい目にあったんですね~( ˘ω˘)

皆さんも気を付けて下さいね~…

とまあ、この時はそんなことになるとはまだ気づいてないので、
意気揚々と車に乗り込み、とりあえずマドレーヌが運転席に!!
2人ともアメリカでの運転はおろか、左ハンドルも初めて。

早速、マップでサルベーションマウンテンを検索すると、道順にFree Wayの文字。

Free way ってなに?(´・ω・`)
普通、道ってFree(無料)でしょーよ?
まさか高速道路?!
初心者の私たちに高速を運転しろってのかい?無理無理無理!!!!

ってことで、出発前に誘導係のお兄さんに聞いてみる。
私の勝手な知識で高速道路=High Way だったので、
「Free way is not High Way? We are Biginner ,so we can’t drive high way!!」

私の英語なんてこんなもん(笑)
お兄さんはうん、違うよ!大丈夫!みたいなことを笑顔で言う。
とりあえず高速じゃないってことが分かったので出発!

まあ結果、高速道路でしたけどね!!!!(笑)

あとから調べてみたら、High way もFree wayも高速道路だった…大雑把には一緒ってこと。
ちなみにFree wayのフリーは無料って意味じゃなくて、信号がない、止まらなくていいって意味だって!そして、どうやらアメリカの高速道路は無料のところが多いみたい。

まったくあの兄ちゃんテキトーに返事しやがって(´ー`)
私の英語分かんなかったのかな…

レンタカー会社の出口で書類と国際免許の確認をしていたので、顔が怖い「門番」ってかんじのお姉さんに渡す。

すると、「これじゃだめ。」と…

予想外の返事にえーなんで?!ってきいたら、
ぶっきらぼうに「名前が違う」と。
確認すると、レンタカー会社から渡された契約書には全然知らない日本人男性の名前。

だれ?(´ー`)

もちろんレンタカー会社の凡ミス。
なんか結構な時間をここで過ごした気するけど、とりあえず次こそほんとに出発!!!

ロサンゼルス出発直後は大都会だけあって運転が大変!(´Д⊂ヽ
もう必死ですw

マ:ちゃんとナビ見ててね!!!私見れないからね!!!
私:分かった。あ、間違えた!ここ右だった…
マ:おいっ!!!!

こんな感じ(笑)

でも都市部を抜けると映画とかで見る真っすぐな道が出現。
めっちゃ気持ちいいです♡

なが~い電車が並走してた。先頭が遥か遠くに…

コチラが先頭。車の方がスピードが速い

右手にソルトン湖が見えたらもう少し

本当にこんなところにあるのか?!

目的のサルベーションマウンテンはこの道路よりも左手側。
ナビの案内通り左折して進んでいくと…

まさかまさかの
工事中、通行止め。(´・ω・`)

迂回しようと地図を見ながら適当に進んでみるも線路が邪魔で迂回路が見つからん…
しかもナビも別のルートを示さない。
困った…

すると1台の車を発見。
こんなへんぴなところにいる車はサルベーションマウンテンに行くに決まってる!!!

ってことで、ついて行こう!!!!

前の車は小道のようなところを進んで行く。
おーこりゃ期待できそうだ!!!!
って思ってたら、車は停車。その前にはやっぱり線路が立ちはだかる…

車を降りてきたのは恰幅の良いアメリカ人らしいおじちゃん。助手席には奥さん。
私たちが付いてきてたのも知ってたみたいで、「サルベーションマウンテンに行きたいんだろ?俺たちも迷ってたんだよ~」と。
おじちゃんはそのまま車を降りて線路の方へ。遠くにいる工事現場の人に聞いてきてくれるらしい…

しばらくするとおじちゃんが戻ってきて、「俺についてきて!」と。
きゃーありがとうおじちゃん(/ω\)♡

わたしたちじゃ聞いてもたぶん理解できんかったからマジでよかった!!!!!

進んで行くと、お目当てのカラフルな色が目に飛び込んできて…

わ゛あああああああーーーーーーーー!!!!!!
あったあったーーーーーー!!!!!!
車内は大騒ぎ(笑)
こうしておじちゃんのお陰でサルベーションマウンテンに到着することが出来たのでした~!

☆サルベーションマウンテンに到着!!!

さてとうとうサルベーションマウンテンにやってきた私たち。
迷ったから到着できてホント嬉しかった!!!!
ご夫婦とは短い時間だったけど一緒に目的地に到着できたっていう喜びも共有できた。
その時の写真がこれ

ちょっと遠いけどね!!!笑
ホントにありがとうでした~♡♡♡

さて、目的のサルベーションマウンテンはというと

もう
可愛いいいいいい!!!!!!
すげーーーーーー!!!!!!

こりゃ世界中の女の子が好きだよ!!!
彼女がいらっしゃる皆さん(彼氏がいる彼もいるもんねぇ)、是非彼女とロサンゼルスやラスベガス旅行の時には彼女を連れってあげて下さい!!!私だったらこんなところ連れてきてくれたらでんぐり返りするよ!!後ろ回りは出来ないけども!!!

ってことでここからはサルベーションマウンテンの写真をバシバシ挙げていきたいと思います♡行く人は見ないで!!!(笑)

ではいくよ~

サルベーションマウンテンは高さ15m、幅45m
写真で見ると小さそうに見えるかもだけどけっこうでっかいです。

頂上からの眺めはこんな感じ!↓

めっちゃ砂漠!!!!
なんか自分達が通ってきたのが信じられない…
為せば成るのだーーーーー!!!!!

このお山の隣には屋根のある空間もあります。
入口↓

隅から隅まで可愛い。
中の様子↓


この隣の小さな部屋↓

ところどころにレオナードさんやサルベーションマウンテンの写真が飾られている↓

外には同じく可愛く彩られた車たち。中でも下の写真はレオナードさんがサルベーションンマウンテンを作っていた時に寝泊まりしていた車なんだって↓

もう隅から隅まで!!!(2回目)
こんだけ写真載せたって、とてもじゃないけど載せきれんです。

ってことでやっぱり自分の目で見て来てや~(^^)/

あ、私たちが行った日のような風が強い日には砂がバチバチ足に当たるわ、目開けらんないわ、耳の中まで砂だらけになるわ大変なので覚悟してね…(笑)

ちなみに、先日INTO THE WILDという映画を観ましたが、そこにサルベーションマウンテンとレオナードさんが登場してました!映画自体もすごくいい映画だったので旅好きさんには特におすすめです!!!

場所はココ↓

ってことでこの後はサルベーションマウンテン近くの宿に移動して終わり。
最後までお付き合い頂きありがとうございました♡―モック―
宿の情報はランキング下↓
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

海外ランキング

☆宿

デザート イン《Desert Inn》
私たちが宿泊した日は1泊1人 29ドル
サルベーションマウンテンから車で30分くらい
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索