荒涼とした大地をゆく。モニュメントバレー(アメリカ37日間の旅 day18)

ツイッター始めました(´_ゝ`)

フォローする

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

こんにちは、モックです。
さて前回はインディアンのお家、世界遺産タオス・プエブロを訪れました。これにてアドービ(日干し煉瓦)の景色はおしまい。あ~私、あの景色、とっても好みだった。いつかいつか、アメリカキャンピングカーの旅なんかしちゃった時にはまた絶対寄りたい場所だな!キャンピングカーのレンタルはなかなか高額だからまずは仲間を集めないとな(´ー`)

ってことで今回はモニュメントバレー!
ここはロードトリップでは王道のスポット!
うん、簡単に言うと、すごい場所!!!!

神秘が詰まったモニュメントバレー

モニュメントバレーって聞いても良く分からないかもしれないけど、実は結構映画やCMにも出てきたりする有名で壮大な景色が見れる場所がここ。
ザ・定番スポット。まあ正直私の認識もこんなもんだった。実際に訪れるまでは。

ここにはナバホ族というネイティブアメリカンが住んでいて、その中はアメリカ公認でナバホ族独自の法律が制定されているんだって!
中は自身の車で回ることも出来るけど、範囲が決まっている。それ以上奥には現地のジープツアー等に参加しなければ進めない未舗装道路を進まなければならないということもあり、ツアーの参加がおすすめ!高いんだけどね…(当時で1時間半コース、1人/75ドル)
まあ、他のグループとは別で私たち2人だけを1台で案内してくれたし、せかされたりも無かったので満足でした(^^)

私たちは1時間半コースを利用したけど、このモニュメントバレー、めちゃくちゃ広く、3時間半コースとか、ハイキングツアーなんかもあるようなので時間とお金と要相談ですね!
ちなみに私たちは予約はしていなくて、現地で直接申し込みしました。
時間とかも特に決まって無くて出発出来次第ってかんじ。
ツアーの受付はビジターセンタ―の駐車場を挟んだ反対側。

場所はココ↓

入場料:1人10ドル(9歳以下無料)または車1台4人まで 20ドル
ドライブできる時間:5~9月/6:00-20:30、10~4月/8:00-16:30

※ビジターセンターの営業時間は異なる。

変更があるかもなので詳細はHPでチェックして下さい。

HP:https://utah.com/monument-valley/visitor-center

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索

☆モニュメントバレー、ジープツアー

ってなわけで私たちも早速ジープツアーに参加!
参加っていっても、さっきも書いたようにガイドのタヌさん(ナバホ族)、マドレーヌ、私の3人行動なので気が楽^^

早速車は未舗装の道路を進んで行く。
こりゃ四駆じゃないと厳しいなって道が続く。

車の中からの景色はすでにめちゃくちゃ絶景

最初に到着したのがここ。
名前を聞くのを忘れたけど、お土産なんかも売ってたからツアーだと始めに寄る場所になってるのかなー?

見にくいけど上の旗がナバホ・ネイション(自治領)の旗。

次に到着したのがこのエレファント・ビュート《ELEPHANT BUTTE》
BUTTEっていうのは、孤立した周囲の切り立った丘って意。

言われてみればゾウさんの形に…見えなくもない。横を通る車と比較すると大きさが分かる。

途中、タヌさんにナバホの「ありがとう」って何?と質問してみた。
ナバホのありがとうは「アッヒアヘ」

アッヒアヘ、アッヒアヘ、アッヒアヘ………
覚えにくい(´Д⊂ヽ(笑)

そしてここがおそらくモニュメントバレーで一番有名な場所、ジョン・フォード・ポイント《JOHN FORDS POINT》

ジョン・フォード監督が撮影を行った場所だからこの名がついたんだって。
西部劇なんかにもよく登場するんだとか。
ちょっと前にもなんかのCMで登場してたな…(雑)
丘の上から眺める景色はもうなんとも表現しがたい絶景。
どこまでも赤い土の荒涼とした大地が続く。

なんかね~もう壮大で全然写真に納まらないの!
もう自分の目で見るしかこの場所の本当の姿は見れないっ!!(´ー`)

写真を撮りまくる私。しかし納得できる写真が撮れない…後ろに見えるはスリー・シスターズ《THREE SISTERS》

でもね、このジョン・フォード・ポイントよりもっと気に入った場所がある。
それがここ、レイン・ゴッド・メサ《RAIN GOD MESA》

素晴らしく逆光なんだけどね…

※ここからは私がガイドのタヌさんから聞き取ったことだから訳があってる保証は無いですwふ~んってみてねw

このレイン・ゴッド・メサはナバホ族にとって大切な場所であり、シークレットな場所。
春にはここで夜通し雨乞いのお祈りをする。そして歌う。食べたり飲んだり
してはいけない。日が昇るとその方向にお祈りをして、それからすべてのものにお祈りする。家畜や色んなものに。

なんか私、神様信じてないんだけど、ここはすご~く神秘的な感じがしてすごく感動したのを覚えてる。この場所の壮大さとナバホ族の信仰心が綺麗だなーって思った。

すげ~ってこの場所に見とれていると、タヌさんが突然大きな声で、しかも独特な高音で叫んだΣ(・ω・ノ)ノ!
するとビックリするような反響が!
この大きな岩に当たって返ってきたの?
面白かったのでもう一回やってもらった(‘ω’)

そして上の写真はトーテム・ポール・ポイント《TOTEM POLE POINT
ちょっと遠いけど…ツアーによっては近くまで行けるみたい。

ここはさっきのレイン・ゴッド・メサと同じように雨のお祈りの儀式を行う大切な場所。
何でも、ヒーラー《Healer》というのかなぁ、説明が難しいけど神様と通じる特別な人なのかしら、そんな人達があの岩の周りをまわって、その他の人たちはそれを見守る、って。言ってた。たぶん。(笑)

そして、このトーテム・ポールが臨める場所にあるのがこれ↓
ザ・キューブ《THE CUBE》

おお!!!マドレーヌが岩を必死に食い止めているぞ~!!!

………(‘ω’)

さて、次にタヌさんは私たちを高い壁がそびえる場所に導いた。
そこでタヌさんは私たちに歌を披露してくれた。

ナバホ族は旅行などに出た時にこの歌を歌う、安全を祈願して。
だからこの日は私たちの為に歌ってくれた。

聞いたことのない音楽。
声の出し方。
そして綺麗な笛の音。

素敵素敵素敵!!!!!!

 

笛にはイーグルが彫られている。
イーグルは伝える、笛の音を空に。

帰り道、タヌさんが色んなことを教えてくれた。(でも私の訳ねw)

ナバホ族は女性が上だ。
すべての知識や知恵は祖母や母から教えられる。

ナバホ族は4つの名前を持つ。
母方の祖父、祖母、それから父、母からそれぞれ1つずつ名前を貰うから。
タヌさんの名前は、Banana《バナナ》、Salt《塩》、Red(Let?) running to water《?誰か解読して…w》、Many goats《沢山のヤギ》、の4つ。

ナバホ族はその4つの名前を紹介するのが習わし。
それを教えて貰った時、タヌさんは「あなた達は今私のことが分かりましたね」
と言った。

そして最後にタヌさんはこう教えてくれた。
ナバホ語にはGood byeは無い。
あるのは、「ハッゴーウェネ」
意味は See you again.

ああ、なんと素敵な…
タヌさん、アッヒアヘ!!!!

☆フォレスト・ガンプ・ポイント

さてさて、大満足のモニュメントバレーでしたがまだ終わりじゃりません!
タヌさんとお別れをした後、最後に有名なフォレスト・ガンプ・ポイント《FORREST GUMP POINT》へ!

ここはモニュメントバレーのビジターセンターからは少し離れた場所に位置している為、自分たちの車に乗って向かいます。

場所はココ↓

イマイチ場所を把握していなかった私たち。
「ここ?」
「いや~違う気がする~」

情報によると進行方向とは逆の方向にこの景色が見えるらしい。
後ろを振り返りながら進むけどマップに印してなかったからイマイチ自信がないw

しかーーし!!
マドレーヌが突然「え!ここじゃない?!!」

と。

ビジターセンターから来ると左手に車を停めれるスペースがあったので駐車。
車をおりて来た道を振り返ってみると…

フゥ~~~!!!!!\(^o^)/

やべーっす、ここ!!!!!
あ、なんでフォレスト・ガンプ・ポイントって名前なのかと言うと、映画『フォレスト・ガンプ』の撮影地だからなんですけどね、本当に素晴らしい眺め。よくぞこんな場所を広めてくれた!!(誰)

写真を撮るのはちょっと忙しい。
というのも車が意外と通るし、みんな結構飛ばしてるので隙をみてささっと撮らないといけない。しかも他にも撮りたい人たちがいるからあんまりお待たせするのも悪いし…ただ有名な割には私たち以外には2組くらいでしたけどね。

そんなんで三脚を使って撮った写真。これ。

もう死ぬまで大事にするよ、私。
老人ホームでも寂しくなったらこの写真見るね(´Д⊂ヽ悲

と、そんなところでこの日はおしまい。
紹介しきれなかったところもいくつかあるし、是非自身の目を通してこの景色を見て頂きたいです。本当に写真じゃ全然伝わってないので!!!
ってことで今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました♡―モック―

※宿情報はランキング下↓

ノース・ウインドウ《NORTH WINDOW》

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

海外ランキング

☆宿

この日の宿はフォレスト・ガンプ・ポイントから1時間20分くらいのところにあるBlue Mountain Horsehead Inn

翌日の目的地、アーチーズ《Arches》まで約1時間。
この日は1泊1人34ドル。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索