ラスベガス探検!!!その①…ぶっちゃけラスベガスって(アメリカ37日間の旅 day25)

ツイッター始めました(´_ゝ`)

フォローする

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Las Vegas!ふう~\(^o^)/

こんにちは、モックです。
前回はついに2週間のロードトリップ《road trip》が完結!

今回(2016/4/29)はラスベガス《Las Vegas》でのお話。
それでは早速いってみよ~!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索

☆最後にやらかす、車返却!

不穏な見出しですな。笑

さて、この日は朝起きてホテルの朝食を食べ、車を返却する為にレンタカー会社へ。
そして滞りなく車を返却。

2週間ありがと~~!!!!!

レンタカー会社を出てタクシーを拾いダウンタウンへ。

そして私たちは気づく。

あ!!!
最後に車のメーター見るの忘れた!!!!!!!!

2週間の総走行距離。
これ結構楽しみにしてたんですよ(´;ω;`)
「162マイル先左折」とか言われてもこれを楽しみに乗り越えた感じもありました。

が、忘れた…

うん、最後までこれだよ
まったく(∩´∀`)∩

皆さんはくれぐれも最終目的地に着いたからって気を抜かないように!
返却までがロードトリップですよっ!

ちなみにこのレンタカーについてはもっと問題もあったんだけどもう一度書くのは色々思い出されてもう嫌なのでコチラを参考にどうぞ!w
ロードトリップ全体の計画や詳細についても記してありますのでよかったら見てください^^

☆市内交通

さて、まずは軽く市内交通について。

ラスベガスの繁華街は北のダウンタウンと南のストリップに分かれている。
その2つの地区は3.2キロ程離れているけど15~20分間隔でバスがやってくるので大丈夫。
ダウンタウンから行動を開始する方で、「ダウンタウンには沢山バスストップはあるけどややこしいし分かんない」って人はまずはバスターミナルであるBTC(Bonneville Transit Center)に行ってみるのもいいかも!
窓口でもチケットが買えるしバスのマップも貰えるし人が沢山いるから乗り場も教えて貰える^^

BTCの場所はココ↓

また私は行ったことがないけど、ストリップの更に南、空港南側にはもう一つのバスターミナルであるSSTC(South Strip Transfer Terminal)もある。 場所はココ↓

バスのチケットは

2時間有効券:6ドル
1日間(24時間)有効券:8ドル
3日間有効券:20ドル
(2019/5/16 現在)
※居住者とは価格が異なる

バスについて詳しくはコチラ

またストリップ内にはモノレールやトラムもあるらしい。
私はストリップ内は観光がてらほとんど歩いてしまったけど、端から端までは結構距離があるのでこのような乗り物も有効活用するのがいいかもですね。

☆ダウンタウン

ってことで、まずは北に位置するダウンタウンへ。

ダウンタウンはラスベガスの発祥の地で、ストリップと比べると華やかさはかなり劣るが、“古き良き”といった感じで独特の雰囲気がある。私はどちらかと言えばストリップよりダウンタウンの方が好き。古いホテルも多いのでコストを抑えたい方はこちらを選択するべし。
私たちが宿を予約してるのはこのダウンタウン。
せっかくラスベガスにいるけれど、ボンビーな私たちは節約できるところは容赦なく節約します。ってことでいつもの如くホステルへ。(宿情報は最後↓)

 

 

 

町をぶらぶらしてみたけど、まぁやることは無いです。笑
旅の計画段階ではカジノもやってみよう!なんて言ってたけど
うーーん、来てみると別にカジノやりたくない。w

一旦宿に戻ってぐーたら。
夜には腹が減って外へ。笑

外で日本人のおしゃべりなおじさんに出会い、立ち話。

こんな情報を頂く。

米が食いたきゃ、〇〇カジノ(名前忘れた)の中にある中華料理が安くていいぞ!

へーーーー!!!!!!!!\(^o^)/
一気にテンション上がる私たち

というのもここまでの旅を通してホントにろくなものを食ってません。笑
ハンバーガーとかスーパーのお菓子やパン、宿の無料朝食のシリアルやまずいベーグル。
たまにファミレスや国立公園内のレストランでも食事をしたけど出て来るのは大味のパスタとかね…まして米なんてしばらくお目にかかっていませんでした。
いや正確には時々あるんですよ、でもカリフォルニアロール的な微妙な見た目、それなのにやたら高いっていう残念なやつでした。

なので私たちの頭は一気に米一色に!!!!!
ダウンタウンのカジノに米を求めて行ってみることにしました!
(もはやラスベガス関係ない!w)

しばらくカジノ街を彷徨って、道路に面した壁に中華料理のメニューが載ってるポスターが貼ってあるのを発見!!!
入ってみるとほんとにカジノの一角にファーストフード的な店構えで中華料理屋がある。

中華料理っていっても炒め物をごはんの上にドーン!みたいなやつだけど!ww
でもこの時の私たちには最高のご馳走でした(`・ω・´)
一口食べたら

うううまあああああいいいいい\(^o^)/♡♡♡

でも食べ進めるうちに気づいた。

うまうま(^~^)
うまいな!うますぎ!うま、、、、、、

しょっぱいわボケーーーーヽ(#`Д´)ノ!!!!!!!!!

食べ終える頃には感動もすっかり忘れ、スッと帰ったモック&マドレーヌでした。笑

 

 

☆ストリップ

さて実は先に載せた昼間のダウンタウンの写真の後にもう一つの繁華街、ストリップへも行ってました。
ストリップはド派手な大型ホテルが立ち並ぶエリア。
カジノはもちろん、ショッピングやショー、アトラクションやナイトクラブなどエンターテイメントの全部がここにある!町は溢れるネオンで輝き、まさに人々のドリームがここにある!ってかんじ。

主要なホテルはそれぞれテーマがある。
例えはコレ↑は“パリ”
エッフェル塔が建ってる。

この他にもエジプトやベネチア、ニューヨーク等。
この通りを歩いているだけで世界旅行気分…?

しかし
上に書いたストリップの紹介文とは相反して何だかやる気が起こらない私たち。(笑)

金無いしな!

はっきり言います。
金が無い者にとってラスベガスはくそつまんない町です。(笑)
やる事がほぼない。w

まあ金が無いとは言っても多少のお買い物とかいいかもだけどね、それなら私たち的にはアボットキニーとかサンタフェ(下にリンク貼っときます)の方が断然面白かったんですよ~まあ好みの問題ですな。

が、この巨額の金が渦巻くラスベガスなる地(言い方!!!)でビンボー人でも楽しめるものがある!!!

それは無料観覧ショー!
無料 ラスベガス ショー で検索すると出てきます。

私たちはベラッジオの噴水ショー、ミラージュの火山噴火、フリーモント・ストリート・エクスペリエンスを観ました。

噴水ショー

煽っといて何だけど、個人的な感想としてはホントに暇だから観る程度。笑
ごめんなさい、ビンボーで全然金使わないくせに無料ショーにケチつけてごめんなさい。
でも「ここで使える予算ほぼ無いけど無料ショーを頼りにラスベガスに来るのを検討してる」方がいたら(いないか)あれなので書いておきます。笑

アボットキニーの記事:
女子に人気のアボットキニー通りにやってきた(アメリカ37日間の旅 day10)

サンタフェの記事:
アメリカの宝石、サンタフェ(アメリカ37日間の旅 day16)

うーーん
なんかラスベガス=金
なイメージは来る前からあった。
でもまぁせっかくだし、何でも経験だと思って来てみた。
まあ来てマイナスになることは無いけど、来てしまえばやはり興味が全く湧かないw

モックはラグジュアリーなものやイケイケな人が苦手なのです。w
価値が見いだせないのです。

まあ砂漠のこの地にこんな場所が出来たって歴史は面白いなって思いますけどね。
それは実際に訪れて、光るネオンとラスベガスの夜を堪能してる人々を目の当たりにしてより実感できるモノです^^

ってことでこの日は終わり。
ぶっちゃけ今の所ラスベガスの魅力を感じれてない我々ですwww
まずい!!!このままラスベガスを堪能出来ずに終わってしまうのか??!!!
こうご期待!!!

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました♡―モック―

宿情報はランキング下↓

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

海外ランキング

☆宿

この日から2泊3日の宿はダウンタウンの繁華街から歩いて15程のところにあるLas Vegas Hostel
この日は1泊1人 24ドル
ちょっと不便だけど悪くない。
でも夜は人通りはちょっとまばらになるから1人で歩くのは注意が必要かも。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索