ドイツ人が案内する京都が味わい深すぎた話(ドイツ人の彼と国内車旅してみた。その4)

ツイッター始めました(´_ゝ`)

フォローする

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


旅行・観光ランキング

ガイドさんはドイツ人。in Kyoto【②】

こんにちは、モックです。
今回は前回に引き続き【ガイドさんはドイツ人。in Kyoto】をお送りします。
今回は前回よりもdeepさが増してる…(笑)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索

☆みんな大好きイズミヤ

何を隠そうアリ君はイズミヤが大好き。
ってことでこの日のツアーのスタートは北野天満宮近くのイズミヤ白梅町店。

イズミヤってのは関西を中心に展開してる大型のスーパーマーケット。
なんでも京都での留学中、大変お世話になったんだとか。

って、知らんがな_(:3 」∠)_笑

アリはいつも電話で「くるくる くるくる しあわせ くーるくる♪」
と店舗で流れてるイズミヤのオリジナルソングを歌ってるんですよ。

関東住みの私にとって全く馴染みの無い歌だけど
関西の皆さんは、あーわかるー!とかなるの?笑

で、アリはこの歌をイズミヤ店舗で生で(?)モックに聞かせてあげたかったと。笑

お、おう…
ありがとうな。

まぁいつもいつも電話中に歌われていたし、謎に頭に残るこのメロディー…
実際にきけた時には灌漑深いものが……

特に無かった。(‘ω’)bグッ

ちなみにアリはこの手の音楽が大好き。
『お魚天国』も教えてあげたら喜んで歌ってます。w

☆妖怪ストリート

さて次に、「妖怪に会えるよ」って言ってアリに連れてこられたのが
イズミヤ白梅町店から歩いてすぐの、大将軍商店街一条通り

まずは腹ごしらえ。
ってことでやってきたのがココ。

ここ、日替わりで店長さんとお店の内容が変わるっていうちょっと変なお店。
アリは留学生時代、ここが大好きで毎週通っていたらしい。

おからハンバーグ食べた。優しい味^^

ただ残念なのがこのお店、事情があって7月いっぱいで閉店してしまった。
アリもちょー残念そう。

思い出の場所が無くなるって寂しいよね。
遠くにあっても帰ってきたらまた来れる、会える。
そう思っていても本当にそうかは分からない。
やっぱり会いたい人にはすぐに会うべきだし、行きたい場所にはすぐに行くべきだ。

さて腹ごしらえをしてツアー再会。

この商店街、実は別名が妖怪ストリート

と言っても、なんの変哲もない普通の小さな商店街…

妖怪とはなんのこっちゃ。

って歩いてると…

ん??

店の軒先になにやら発見…

よ、、

妖怪やあああああーーーーーー(∩´∀`)∩

これ↓

大好き、こういうの。笑

なんかお金をかけずに創意工夫して楽しんでる感じ!

細部のこだわりもまた目を奪われるよね。

表情とかバサバサまつげ、ぐにゃぐにゃなヒゲに渋い表情、適度なボロボロ感。

これはいいなと味を占めた私。
次なる妖怪を探していると…

へー(笑)

なんかテイストの違うねずみ男おる…(´∀`)

ニコニコ…

かわええ…

どうやらここは折り紙の作品展示をしている場所みたい。
ちょっと面白そうだったので中に入ってみた。

ここは【折り紙クラブ ノア】さん。
本格的な講習なんかもやってるそうで気になる方はコチラをチェック!

子どもの頃個人的に折り紙ブームがあった私
実は今でも無性にやりたくなることがあるんだけど、
折り紙で折ったものって基本的に実用性ないじゃん。(笑)
なので何となく自粛してたんだよね。

でも元がかなり好きなので、あれやこれやと係の男性に質問。
分厚い折り紙のテキスト(?)を持ってきて今これに挑戦してるんだけど~と男性も楽しそうに話してくれてかなりワクワクした。

簡単なバラの花を折ってみる?と
男性が提案してくれて私たちもやってみることに^^

出来たのがコレ

丸まってるところは楊枝を使って丸めてるのよ。
ただ折るんじゃなくて紙の特性も使って作品を作っているところも秀逸だよな~
折り紙は奥が深い。

ちなみにお土産コーナーもある。(笑)

全体的にココ、好きすぎる!!(笑)

皆さんも北野天満宮に来た際には是非寄ってみてね。

我々はこれ貰った。口がパクパク動くカッパ。可愛すぎ。

ちなみに場所はココらへん
正確にはこのミナト製麺所さんのすぐお隣です。

さて、妖怪探しの旅はまだ始まったばかり。
え?!まだ続くの?!

ここから私が見つけた妖怪どもの一部を公開しよう。

布団屋の妖怪

お茶屋の妖怪

薬局の。ガムテープが良い。w

紙に「ワシは食パンじじいじゃぁ!」と書いてある

まだまだ沢山いるけど皆さん自分で見つけてみてね。(笑)
日によって妖怪にまつわるイベントも開催されてるらしいから要チェックだっ!

☆北野天満宮

さて思いの外妖怪ストリートを楽しんでしまったモック。

お次は妖怪ストリートから徒歩10分かからないところにあるコチラ。
言わずと知れた北野天満宮

北野天満宮は学問の神様として菅原道真を祭る神社。
全国の天満宮・天神社の総本社なのだそう。

私も中3の時ここに来てお守りを買ったような…

ここにもたくさんの短冊が^^

☆美味!粟餅とかき氷の澤屋

北野天満宮をぶらぶらしたあとバス停に向かう。
と、バス停のその奥にかき氷の文字発見。

1年京都に住んだアリだけど、かき氷ってワードを知らなかった。
そんなん、絶対食べさせないといけない(´゚д゚`)

てことで、大きな使命感と共にお店の中へ。

後から知ったけどここは有名な粟餅の【粟餅所・澤屋】さん

私が頼んだのは宇治粟餅氷

この中に絶品粟餅が入ってる♡

アリは粟餅氷を注文

真っ白で分かりにくいがこれはみぞれ味。
昔はこの味が多かったのかな?
砂糖のシンプルな甘さがなんとも贅沢だった。

ちなみに粟餅は注文してから職人さんが一個ずつ丸めてくれる。

粟餅もかき氷もめちゃめちゃ美味しくてホントにオススメ。

基本的にドイツのスイーツ全般、日本の物よりも甘味が強い。(ってゆーか海外は大体?)
甘い物が大好きな私でもドイツでは「うわ、あま…一個で十分だわ…」とかザラにあったので、海外の方が日本のスイーツを気に入るか気になるところではありますが、このかき氷アリはとっても喜んで食べてましたよ^^

場所はココ↓

☆coffeeの話

さて、町ブラしながら辿り着いたのはコチラ
Cafe Bibliotic Hello

写真ぶれてるな

ここはアリのお気に入りだったカフェらしい。
コーヒーを飲みながらくつろいでいると…

アリの留学生時代の友達と偶然居合わせて私も挨拶をすることに。
その彼はアメリカ人でニューヨーク出身だそう。

するとアリ「彼にcoffeeの発音をやってもらおう」
と言い出した。

というのも以前coffeeの発音についてアリと話したことがあった。
私はYouTubeでアメリカ(LAだったかな)に住んでるJapanese Americanの方の動画を見て英語学習の参考にしているんだけど、その中でcoffeeは「コーヒー」と読むのでは無く、あえてカタカナにするのであれば「カーフィー」という発音だよ、と言っていた。

私は早速得意気にアリに「カーフィー」を披露した。
するとアリ、「それは変」と(笑)
なんでさ、アメリカ人が言っとるやんけ!!!
と怒る私。(笑)
その動画を見せて結局納得したアリだったが、その話の派生でcoffeeの発音一つとっても地域によって様々な発音があるって教えてくれた。
それで得に面白いのはニューヨークだと。

さて、話は戻りアリの留学生時代の友人であるニューヨーク出身の彼。
折角なので生の発音をお願いしてみた。

友人「クゥヲーフィー」

いやあえてカタカナにするなら、よ?笑
ちょっと自信ないw

まぁとにかく、生のcoffeeニューヨークスタイルがきけて
地味におおおおってなったモックなのでした。

皆さんの周りにもニューヨーク出身の方がいたら是非coffeeって言って貰って下さい。
そんでもって「日本語ならこーひーやで(^^)/」って紹介してあげるのも面白いかも。
カーフィーでもクゥヲーフィーでもコーフィーでもない日本のコーヒーの発音はこれまた独自の言語で面白いものだと思うのです。

ってな感じでドイツ人が案内する京都のお話は以上。
次回はどこまで書けるか分からんですが神戸~淡路島あたりを綴っていきます!

ってゆーか、京都振り返れば清水寺とか何年坂?とか伏見稲荷とか見所と言われる場所全然行ってない(笑)
でもたまにはこんな京都もアリですね♡なんつって(^ω^)

ではでは次回もお楽しみに♪―モック―

錦市場商店街。食べ歩きにもgood

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


旅行・観光ランキング

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
検索